FC2ブログ
淫乱M女からパイパン奴隷へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラビアピアスとアナル
仕事をしているとなかなかアナルの拡張が出来ません。

以前はフィストをしていただけるまでに拡張していたのですが
酷使しすぎたせいか、桜のアナルが弱かったせいかS状結腸の辺りで
出欠をするようになってしまい、今はご主人様のご指示で
根元まで4cmの太さのプラグを休みの日に入れて拡張を維持しています。

今も入れながらブログを書いています。
ご主人様は桜の体を気遣ってくださり

「無理はするな! 私のものが入ればいいからな」

と、言ってくださいます。

本当に優しいご主人様です。

ラビアピアスはずっと付けたままでいます。
もうひとつゲージを大きくしたいな、とも思いますが
そのままで良いとのこと。

刺激がなくてちょっと物足りない今日この頃です。

いつか、ご主人様の手で鍵をかけていただきたいと思っています。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

体の一部に
御主人様に付けていただいたラビアピアス。

今ではすっかり体の一部。
1年も経つとホールも全く心配はなく何をぶら下げても大丈夫そうです。
(う~ん、でもまだチャームくらいしか下げたことはありませんが・・・・)

なかなか御主人様の希望の錆びにくい鍵が見つからず進展がないので
すっかり落ち着いてしまったラビアに物足りなさを感じている桜です。



・・・・う~ん、やっぱりクリトリスフードにピアスしたいなぁ・・・・

なんて つい考えてしまう

クリトリスフードにピアスをしたらどうなるんだろう?
もう、一日中 淫汁でおまんこビチャビチャになっちゃうんだろうなぁ・・・・
いいなぁ・・・いつでも発情している淫乱牝奴隷桜。

御主人様に

「全く!お前は本当にいやらしい体だな。いつでも、どこでもこんなに濡らして!!
   淫汁が垂れてきて他の人に見られて お前が変態だってことがわかってしまうぞ!」

なんて言われてしまって、また溢れてしまって・・・・・



あぁ、ダメ・・・考えるだけで濡れてきちゃう・・・・・


欲求不満かな?・・・・・




痛みの原因
先週、御主人様に付けていただいた念願のラビアの鍵。

正確には鍵ピアスなんですが、付けていただいた時は何ともなかったのですが
1日、2日と経つうちになんだかラビアが痛くなってきて

・・・・慣れないせいかなぁ?もう少し我慢してたら慣れて治まるよね・・・

なんて思ってジンジンと痛むのを我慢していました。
でも、3日経っても痛みが治まらず、それどころか痛みは酷くなっていったので
さすがに

・・・・これはおかしい?!・・・・

と思い、鍵ピアスのネジの錆びの手入れをした時にラビアを触ってみたら
右側のラビアのピアスホールの周りがぷっくり腫れて、少し熱をもっていました。

・・・・あ~、これかぁ!・・・でも、なんでだろう?・・やっぱり一旦外した方が良いよねぇ・・・・

耳のピアスでもそうですが、ホールに何らかの負担がかかって腫れてしまった時は
一度外して、ひとつゲージを落としてはめて、腫れが引くのを待って何も分泌物が出てこなければ
またゲージを戻して嵌めていたので、御主人様にラビアが腫れて痛い事、
鍵をピアスに戻して腫れが引いたら、鍵を嵌める前の6Gのピアスに戻したい事を
メールで説明して、鍵を外させていただきました。

せっかく御主人様に付けていただいた鍵ですが、腫れた理由がはっきりしないうちは
腫れが引いた後 鍵を付けても 同じ鍵ではまた腫れてしまうと思ったのです。

「ピアスに変えなさい。鍵は無理しなくていいよ」

と、おっしゃってくださいました。

幸い、ゲージを下げてピアスに変えたらその日の内に腫れはだいぶ引き
痛みはなくなりました。
その次の日には、元の6Gに戻しましたが、腫れはすっかり引き、痛みも全くなくなりました。


で、ここでふと

・・・・なんで痛くなったんだ??
御主人様は 重さのせいだろう? とおっしゃったけれど本当に‘重さ’のせいなのかな?
なんか違うような気がするよなぁ・・・

と、思い 腫れが引いた後 試しに右側のラビアのピアスに鍵をぶら下げて
一日過ごしてみました。

・・・・??・・痛くならない・・よね。・・

触っても腫れている様子もなく、痛みもありません。

ってことは・・・・・

腫れて痛かった原因は‘重さ’じゃないのか?
じゃあ、何?

重さじゃないなら、考えられることは鍵のツルの内径。
鍵のツルの内径は12mm。
でも、これはあくまでも鍵本体に近い部分の内径なので、
トップのヘアピンカーブの部分はもっと狭い。
これにプラスして、桜が錆ないようにと おしっこの度鍵を持ち上げるようにして
狭いところを動かしていたので、思った以上にラビアに負担がかかってしまったらしい・・・

内径にもう少しゆとりがあれば痛くならないのか?
今度は6Gのピアスで(内径14mm)両ラビアを閉じるようにして、鍵をぶら下げてみた。
トイレに行った時に鍵を動かしてもスムーズに動くし、半日付けていても全く違和感も痛みもない。

やっぱり、腫れた原因は 鍵のツルのトップが狭すぎたことだったと確信したので
御主人様に実験?のご報告。

御主人様は

「お前のその前向きな姿勢が良い!」

と、誉めてくださった!

桜としては、やっぱり御主人様の希望は叶えてさしあげたいし
桜も鍵を付けていただくのは嬉しいから、あきらめたくなかっただけで・・・
痛くなった原因をちゃんと知りたかっただけなんですけど・・・・

でも、誉めていただいて嬉しかった。

錆びない(錆に強い)鍵が見つかるまで、おまんこに鍵をかけるのは保留になりそうです。
丁度いい鍵が見つかるといいな・・・


御主人様にお会いしました。

姫初め調教です。

今回のメインは鍵かけとアナルフィスト。
アナルは久しぶりなので、ちょっと緊張。 ちょっとドキドキ。
でも、あの快感は忘れられなくて、念入りに浣腸をしていきました。

姫初め調教の御挨拶。
全身舐めのご奉仕、おちんの喉までのご奉仕、アナルフィストに最後にラビアに鍵をかけていただきました。

PCで見たのと実際に届いたものはだいぶ印象が違っていて、とても小さい。



「だいぶ小さいけど大丈夫か?」

「ん~、たぶん大丈夫かと・・・でも、つるの幅が狭いのでラビアはぴったりくっついてしまうかと」

「そうだな・・・まぁ、付けてみるか」

腰の下に枕を重ねて、その上に仰向けになり足を開きます。
やっぱりちょっと恥ずかしい・・

「まずは、外さないとな」

御主人様が両ラビアのピアスを外して、鍵ピアスのツルの部分に滑りやすいように軟膏を少し塗って
ラビアに通していきます。
留め金を嵌めてネジを締めて、あっという間に桜のおまんこに鍵がかかってしまいました。

「うん!いいな。・・・写真か?!」

そうおっしゃって、御主人様が写真を撮ってくださいました。

痛みも違和感もありませんが、立つと少し重みがあり不思議な感じです。
でも、その重みが嬉しくてその後も何度も見てしまいました。

ただ、この鍵ピアス ネジの部分だけ鉄で出来ているので
お風呂や特におしっこには気をつけないと錆びてしまいます。
翌日、お風呂の後に油を塗っておこうかとネジだけ外してみたらネジとネジ穴に茶色い錆びがついていました。

(こんな風に簡単に外せちゃったら 本当はダメなんですよね・・・
でも、オールサージカルステンレスのダイヤル式の鍵なんてなかなかなくて・・・泣)

毎日手入れをしないとあっという間に錆びてダメになりそうです。

とはいえ、鍵をかけていただいて、もう桜のおまんこは御主人様だけのもの。
鍵がなくても御主人様以外の人とお付き合いすることなんて考えてもいませんが
でも、嬉しい!

歩くと重みでラビアが引っ張られて伸びていやらしいラビアになっていく。
御主人様しか開けられない錆びない鍵が早く見つかるといいな。
もう少し重くてその重みでおまんこをいつも濡らしていたい。
御主人様を感じながら・・・

御主人様
姫初め調教とおまんこの鍵をしてくださり ありがとうございました。


DSCFkagi_copy.jpg


南京錠
御主人様がカバンから いくつかの南京錠を出されて

「ほら、こういうのをな持ってきたんだ。」

お持ちになった南京錠は皆ちょっと小さめ。
1番お好みなのがシルバーの南京錠。
でも少し変わっていて、鍵もダイヤルもありません。
ツルをちょっと引っ張って くるっと回すと開いてしまいます。

「これが一番いいんだけどな、鍵が無くても開いちゃうだろ?
  こっちのは鍵だし、これは狭いだろ?」

どうにも御主人様のご希望のダイヤル式のステンレス製のは見つからないらしく
市販で売っているダイヤル式の南京錠は重たそうなので
どうしようか考えてしまったそうです。

桜もあまり横幅がある鍵は足を閉じた時に ラビアが引っ張られてなんだか痛そうなので
ちょっと考えてしまいます。

「お前が言ってた鍵のピアスはどれくらい(大きさ)だ?」

以前、ネットで見つけたまんま南京錠の形をしたピアス。
ツルの留め金だけが鉄で、後はツルも本体もサージカルステンレス製です。
桜がスマホでそのサイトの鍵ピアスをお見せすると

「あぁ、これでいいんじゃないか?  なぁ、耳に付けられるくらいならそんなに大きくないだろ。
  うん。じゃあ、それにしよう!」

「えっと・・・じゃあ注文しますか?」

「うん。そうしなさい」

って、決定!

南京錠型ピアス6Gを注文することになりました!

ふと、御主人様に

「御主人様、今まで鍵を付けられたことは(奴隷の女性に)無いんですか?」

「うん。つけっぱなしは無いな。」

・・・・・・・?・・・・

「じゃあ、私はどうしてですか?」

「お前は!・・淫乱だからな。」

「御主人様以外いないですよ」

「分ってる。でも、自分でするかもしれないだろ?」

「うぅ・・・していないですぅ」

なんて会話をしながら、結局なぜ桜のおまんこに鍵をしたいのか
なんて言っていただいたのかよく覚えていなくて・・・。

でも、いいや。
御主人様のものだけになれるなら、鍵を付けていただけるのって
完全におまんこを支配されているってことで
幸せなことだから。

来年は鍵ピアスを付けていただけそうです。
ラビアにあの南京錠がぶら下がっているのを想像したら
おまんこが濡れてきてしまいました。
とっても楽しみです

Copyright © 淫乱パイパン奴隷 桜の日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。