FC2ブログ
淫乱M女からパイパン奴隷へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数の子、巾着・・・et・・・・・
よく ‘数の子天井’とか、‘巾着’とか、‘ミミズ千匹’とか
おまんのことを男性は表現することがありますが
女性自身は ハッキリ言って 良く分らない。

男性のように見て分らないし、ましてや触ることなどない。
男性は公衆トイレや公衆浴場などで、何気に隣の男性の物を見て

がっかりしたり、心の中でガッツポーズをとったりするのだろうが
女性はそれがない。

SEXした男性に言われない限り 自分が男性にどういう快感を与えているのか
他の女性とどう違うのかわからない。

数の子天井やミミズ千匹など言われる方のおまんはムチャクチャ気持ち良いらしいが
絶対女は知ることが出来ない。

・・・・・つまんない!・・・・う~ん、・・・つまんない・・

一回でいいから体を入れ替えて男性としてSEXをしてみたい。

男性も女性と入れ替わってSEXしてみたいと思ったりするのでしょうか?
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

10000!?
・・・・・・祝!! 10000アクセス越え!・・・・・

皆様、ありがとうございます。


どれくらいの人が見てるんだろう?・・・・
なんてあまり深い意味はなく カウンターを付けたのですが・・・

御主人様も桜もちょっとびっくりする数字で。
ホントに、ビックリで・・・

こんなつたない桜の文章を呼んでくださって ありがとうございます。








出会い~初めての調教
3月○○日 U駅近くで待ち合わせをした。

その日、私が乗っていた電車が事故のせいで遅れて 確か15分程遅れてしまったと思う。

待ち合わせの場所が見えて急ぐ私に


「桜さん?・・・ですか?・・」


声のする方を見ると、そこには小柄の物静かな感じのスーツ姿の男性が立っていた。

「はい。・・・Kさんですか?」

私が尋ねると にっこり笑った。
この瞬間、この方に御主人様になってほしい!・・と思った。


「じゃあ、行きましょうか?」

Kさんの後についてホテルへ向かう。
どきどきして緊張していたけれど、怖いとは思わなかった。
自然な流れだった。

部屋に入ってから 初めての調教が始まった。
調教と言っても、試しみたいなもので、私のM性がどれほどなのか
相性はどうなのか?

それを知るための調教。

覚えているのは、御主人様の前で服を脱ぎ、メールを始めたころから延ばした脇毛を
触られ、

「まだまだだね。もっとぼさぼさにしようね」

と、言われ、後ろを向き

「お尻の匂いを嗅ぐからね」

と、くんくん嗅がれ、

「臭うじゃないか!」とお叱りを受けたこと。

ベットで足を開いて、おまんこやクリを念入りに見ていただいて
(この日、まだ生理が終わりきっていなくてタンポンを入れていましたが・・)
後ろ手に縛られ、ギャグボールをかまされ、乳首に金属製のクリップを
挟まれ、泣き叫んだこと。

抱きしめていただいて、優しい言葉もかけてくださったと思うけど
何故か 覚えていなくて・・・・・

プレイをした経験はあっても
きちんと御主人様に調教というものを受けたことがなかった私は
付いていくのが精いっぱいで、本当に緊張していた。

試しの調教が終わって、帰り支度をしていると、御主人様が言った。


「生理だからどうしようかと思ったけど、・・・気に入った!」


嬉しかった!
不安が吹き飛んだ。
嬉しくて、嬉しくて 幸せだった。

別れ際、
「また、メールしますから」

そう言って人ごみに消えて行った御主人様。

私はその言葉に ほんのちょっと不安を感じながら心の中で願った。

・・・・どうか これっきりになりませんように・・・連絡がきますように・・・ と。

‘また連絡しますね’ そう言って ぱったりととだえる方がいたから・・・



この時はまだ 今のように御主人様を信じきれていなかったんだと思う。
というより、自分自身にまだ自信が持てていなかったから 不安で仕方がなかった。

そして、翌日私が送ったメールに 返信が届いた。
翌日も、連絡は途絶えなかった。

・・・この方なら・・・

私は 御主人様の性奴隷になり始めていた。





出会い・・・1
御主人様に初めてお会いしたのは3月初旬。
 
もう半年前になってしまうなんて少し驚いています。
半年前の事だし、緊張していてほどんど覚えていないのですが
少しでも思い出して書きたいと思います。


あるサイトの掲示板に私が御主人様を求める書き込みをしたのが始まりでした。
沢山のメールの中、

「やっと大人のM女さんを見つけた気がします!」  と

若い子でもなく、スタイルの良い子を探すでもなく
私のような年齢のMを探していた と。
使いまわしの文面ではなく 私宛のメール。

・・・・ この方を知りたい!・・・

それから約3週間余り 毎日のようにメールのやり取りをし
メールの後半には 私ははっきりと意識をし
その方を ‘御主人様’ と呼んでいた。

‘御主人様’   なんて素敵な響きだろう・・・・

私に御主人様が出来る!

ずっと探して、求めていた・・・・

自分の性癖に悩んで、普通のSEXで満足出来ない、イケない事に
自分は女として どこか欠陥があるんじゃないか と。

SMなんてやっちゃいけないんじゃないかと
悩んで、悩んで 封印しては
むくむくと湧き上がる被虐の気持ちに耐えられず
一時的にプレイをしては また悩み また封印する。

そんな20年を繰り返していた・・・・

・・・・・今さら・・・・SMなんて・・・・
この歳になって 私を気に入ってくださる方などいるのだろうか?
そう思いながらも 投稿した。

・・・・これを最後にしよう。これで見つからなければ 私のMはまた封印しよう・・・・



そんな私に 御主人様と呼べる方が出来る・・・

お会いする日が決まった時、嬉しくて 嬉しすぎる反面
会うのが怖かった。

・・・・もし、気に入ってもらえなかったら・・・・

メールで、御主人様は

「そんな心配はいらない。」

と、言ってくださったけれど、やはり私はどきどきで
緊張しまくっていた。
 

興味がある物・・・その2
よく小説やAVで出てくる ‘媚薬’

本当にあんなに効果があるんだろうか?

理性をも吹き飛ばすぐらいに感じて淫乱になれるなら

ちょっと使ってみたい・・・・・


体に害がないなら、ものすごく興味がある。

でも、小説やAVみたいに あんな風にはならないんだろうなぁ・・・


って、朝から媚薬をPCで調べている桜です。

買う勇気はないんですけどね・・・・

昨夜

おまんこにおちんを入れていただきたいのに
御主人様は
「あぁ!映画!」
と言って、後ろのテレビを見て
入るか入らないかの所で止められ、入れて欲しくて仕方のない桜は
入れて欲しくて必死に腰を動かしていた・・・・・

という夢を見たせいかなぁ・・・・・


はぁ、仕事しよっ。

8Gへ
ラビアピアスを10Gから8Gに上げていただきました!

ちょっと早いかなとは思ったのですが
前回お会いした時から2週間以上経っていたので大丈夫かと思い
注文してしまいました。

「御主人様、これが8Gです」

「おぉ、また嵌めるのが大変なんじゃないか?」

ボールを嵌めるのが苦手な御主人様。
ちょっとしたコツをつかめば嵌るのですが、だいたい桜が嵌めています。

「あ、御主人様。これってボールのここの部分が凹むようになっていますから
嵌めやすいと思いますよ」

「どれ。やってみるか?」

ゲージが上がっていくとボールを嵌めるのが大変になるので
ボールの両端ポチッとした小さな玉があり、これがスプリングのように凹んで
ピアスに嵌るようになっています。
(これを考えて作った方は 偉い!)

御主人様がピアスにボールを嵌めようと必死になりますが
どうもうまくいきません。
何度か試すものの 結局

「やっぱりお前が嵌めた方がいいな」

って・・・・御主人様ぁ~・・・

「でも、結構太いぞ。大丈夫か?」

「う~ん、たぶん大丈夫だと思いますが、もし嵌めて腫れたり痛くなったら外して
戻します」

「うん、その時は戻していいぞ」

そんなこんなで いざピアス替え。
付いているピアスを外し、新しいピアスへ。

右側のピアスホールはニードルで開けたので、ホールが綺麗に空いていて
8Gもあっさり入り、左側は軟膏を少しつけて入れたら
全く痛みもなく 無事終了!

「なんだ、簡単に入ったな。大丈夫か?」

「はい、御主人様。全然大丈夫です」

ボールは桜が嵌めて、出来上がりにじっと見てしまう。

「御主人様ぁ、目立ちますか?」
立ったまま足を広げてお見せしたら 御主人様ちょっと呆れ顔。

「お前は・・・全く・・嬉しそうな顔をして・・」

だって、本当に嬉しいんですもの。
早く鍵をしていただきたいな

もう少し、もう少し(^^)

御主人様
ピアス大事にします。

DSCF1334 (320x240)_copy8G (2)

  

疼く
御主人様
体が疼いて
おまんこが疼いて仕方がないです。

乳首を
ラビアを
クリトリスを
アナルをおまんこを
口を

桜の体すべてを
苛めて、弄んでください。

痛みに泣き叫んでも
その後にくる快感を体中で感じてみたいです。

おかしくなるくらい 苛めていただきたいです。

御主人様、
こんな風に思う桜はおかしいのでしようか?

狂うくらいに焦らされ
本能のまま 理性も無くして
御主人様の前で淫らに悶えたいです。

御主人様ぁ・・・・
この間お会いしたばかりなのに
もう桜は、桜の体は 御主人様を求めてしまいます。

おまんこグショグショにして
ご奉仕させていただきたいです。

おまんこが疼いて 疼いてたまらないです・・・・



生理が終わりそうな何日か前
タンポンを切らしてしまい その日に限って量が多かったので
慌ててナプキンを使ってしまいました。
お店が開くのと同時にタンポンを買い、直ぐにノーパンになったのですが
(もちろんおトイレで)
御主人様への許可をいただく間もなく穿いてしまったので事後報告になってしまいました。

御主人様にその旨をご報告しますと お怒りのメールが・・

「ショーツをはくんだな!ノーパンを破るとはどうなるか分っているな!」

15分ほどでしたが生理用のショーツを穿いてしまった桜。

お仕置きは当然です。


梁のようにせり出している所に両手を縛られ
御主人様が鞭を手にされます。

「どうしてお仕置きされるかわかってるな?!」

その言葉と同時に鞭が飛ぶ

「はい、御主人様。わずかな時間ですがショーツをはいてしまいました。」

「そうだ!」

桜の言葉の途中も 御主人様の鞭が次から次へと宙を舞い
桜の体を打ち続ける

鞭が体に当たる度 声を上げのけぞり
のけ反ると逆を打たれ
暫く鞭打ちをされた後 御主人様が

「今日はこれくらいにするか。わかったか?」

「御主人様・・・そんなに辛くはないです・・・」

御主人様との誓約を破ってしまった・・・もっとキツイお仕置きを・・・
そう思って口にしてしまった言葉・・

「当たり前だ!」

御主人様が怒った口調になられる。


・・・・!! 失礼な、生意気なことを言ってしまった!・・・
・・・御主人様は加減してくださっていたに違いないのに・・でも、もっときついお仕置きを
    していただかないといけない・・・・

「もっと・・強く打っていただいても大丈夫です・・」

「そうか、」

その言葉に 更に強く 鞭が当たる
何度も 何度も・・

痛くて・・・さっきよりずっと痛くて・・・
でも、これくらいでないと私にはお仕置きにならないから・・・・

「もう、これくらいにしてやろう。反省したか?!」

「はい・・申し訳ありませんでした」

やっと、答えた小さい声に

「本当に反省してるのか!!」

「はい!・・・申し訳ありませんでした・・・もう、二度といたしません!・・
   申し訳ありません!。御主人様・・」

御主人様が縄を解いて下さっている間

涙が溢れて・・・初めて御主人様の前で泣いてしまいました。

・・・御主人様を怒らせてしまった・・・御主人様に捨てられたらどうしよう・・
・・・・どうしよう・・・御主人様との誓約はもう二度と破らない・・・・

そんな事を考えたら、不安になって、悲しくて涙が止まらなくて・・・

でも、その後はいつものお顔に戻ってくださって
優しい御主人様で、嬉しくて幸せで・・・・

御主人様
もう二度と御主人様との誓約を破るような事はいたしません。
どうか 桜をお傍に置いてください。
もっと、御主人様好みの淫乱で変態な奴隷になれるよう
努力いたします。

お仕置きの鞭打ち、ありがとうございました









ご寵愛
お慕いする御主人様にお会いすることが出来ました。

まだ少し生理の出血がありましたが 少しなら問題ないとおっしゃってくださり
朝から、いそいそとアナルの浣腸を念入りにしてシャワーを浴び
御主人様の元へ。

今回はキツイお仕置きがありました。
桜がタンポンを切らしてしまい、仕方なくナプキンを使うため
生理用のショーツを穿いてしまったからです。
タンポンを買いに行くまでの少しの時間でしたが
御主人様との誓約である ‘ノーパン’を破ってしまいました。

部屋に入るとすぐに両手と頭を床に着け、御挨拶をします。
 
その後、御主人様の前で服を脱ぎ、体のチェックをしていただき
おちんのご奉仕。
フェラチオからイラマチオ。
ベッドでの全身舐めのご奉仕、鞭のお仕置き、アナルフィスト、飲尿、電マ責めにピアスの交換と
今回も沢山 御調教していただきました。

合間におまんこもいっぱい使っていただいて、キスもハグもいっぱいしていただいて
すごく、すごく 幸せでした。

調教後にお食事もさせていただいて、いろんなお話も出来て
お酒もいただいて、桜はちょっと酔ってしまいました。

帰る時間が近づくと とても寂しい・・・
次にお会い出来るまでがとても長く感じてしまう。

でも、いっぱい、いっぱいご寵愛をいただいたので
次の御調教まで いい子にしてまっています。

御主人様に楽しんでいただけるように・・・・
癒しになれるように・・・・

御主人様
御調教ありがとうございました。






感じるアナルへ
65mmのアナルプラグを飲み込めるようになって以来
桜は 毎日4、5時間プラグを入れて生活しています。

あんなに苦労していたのが嘘のように 今ではかなり楽に入るようになり
入れる時と、抜く時の刺激が快感になって
声を出して、お漏らしまでしてしまうようになりました。

御主人様のおちんをいただいた時も
気持ち良くて、淫らな声をいっぱい出してしまいました。

少しずつですが、アナルも開発されているみたいです。

もう少し太いのを入れたらどうなるんだろう?・・・・
なんて、ふと思ってしまいます。

でも、緩みっぱなしは困るし・・・・
変態でドMな桜。
エスカレートしすぎないように気をつけなくっちゃ・・・

今もアナルには65mmのプラグが入っています。
いつでも 御主人様にフィストで楽しんでいただけるよう
拡張維持いたします。

御主人様、お好きな時にお使いください。

乳首責めオナニー
なんだか無性に乳首に痛みが欲しくなってしまって
裸になり、乳首に洗濯バサミをはさんでみた。

久しぶりに感じる乳首の痛み。
痛いのに感じてしまう。

もっと、痛みが欲しくなって 洗濯バサミに紐を通して
その紐にアトマイザーの小瓶を結び付け
胸の高さのパーテーションに通す。

そうすると、重りで洗濯バサミではさんだ乳首が真っ直ぐに引っ張られて
すごく痛い。

・・・・痛いです。・・・御主人様・・・

そう心の中でつぶやくと
私の頭の中で 御主人様がささやく・・・

(その状態でゆっくり近づいたり離れたりしなさい。10回やりなさい)

パーテーションに近づくと、重りが下がり
離れると、乳首で重りを引っ張り上げるようになる。

痛くて、痛くて
でも、すごく感じている自分がいて

自分で乳首を責めているのに
まるで 傍に御主人様がいるかのように
言葉が出てしまう。

「あぁ、御主人様、乳首が痛いです。・・・御主人様ぁ・・・・」

妄想しながら 自分で乳首を責めて
おまんこから 透明な淫汁を溢れさせ 感じてしまう。

痛いのが好き・・・
痛いのに感じてしまう・・

御主人様、桜はどんどん変態になっていきます。




アナルビーズ
今 すごく興味のある物。


電磁パルスとアナルビーズ。

御主人様とお会いした際
ホテルのアダルトビデオで初めて見たパルス責めのシーン。

二つのパルスを近づけた時のビリビリと電気が飛ぶのを見て
その時はビビッてしまい しっかり見なかったのですが
後から調べてみると 思っているほど威力はなく

(そりゃ、そうですよね。だって、おまんこなんていう敏感な所に入れたりするんですから・・・)

びびる必要はなさそうで、これを知った桜は一気にパルスに興味が湧いて
欲しくなってしまいました。

パルスを、おまんことクリとアナルに入れたり 付けたりしたら
どうなっちゃうんだろう?! (ワクワク)

淫汁が溢れて・・・ 潮を吹いて・・・・
もう、想像しただけでおまんこが濡れてきてしまいます。



アナルビーズはしていただいたことが無いので
やっぱり すご~く興味があります。
アナルにビーズを入れられて、自分の意思とは関係なく
一つずつポコポコ抜かれていく感触・・・・・
すごく気持ちよさそう・・・・・

アナルに入れたままお散歩したり・・・

あぁ、変態で淫乱な桜。
きっと、そんな状態で外を歩いたら
恥ずかしくて、感じてしまって
おまんこからいっぱい淫汁を垂らしてしまいそう・・・・・



御主人様、アナルビーズをお持ちかしら?


こんな事を書きながら 頭の中で妄想して 
今、おまんこ濡らしている桜です。

電マ
「御主人様ぁ、欲しかったので買っちゃいました」


ホテルに着いて、お預かりしていた道具と一緒に取り出した電マ。
以前、御主人様におねだりした時に

「電マは重いだろう?  重いのは持ちたくないんだよなぁ・・・
  それに、コード付きだと場所も制限されるだろ?」

・・・・ん~、確かに御主人様のおっしゃる通りです。

でも、やっぱり欲しい!  使ってみたい!
問題は、コードと大きさ。

で、いろいろ調べて ・・・・・
ふふっ・・・見つけちゃいました(^^)

コードレスでペットボトル(500ml)より軽い!
フェアリーリチウム!!

値段も最安値を探しお財布にも優しく購入。


電マを見た御主人様

「お前は・・・・」

と、ちょっと呆れ顔?

でも、すぐに

「よし、今日は電池が無くなるまで これを使うぞ!」

そうおっしゃると、早速ベッドへ。
電マでクリを刺激されるとすごく気持ち良くてあっという間にイってしまいました。

その後は、おまんこをおちんでいっぱい使っていただいて
おまんこにおちんをいただきながら 電マ責めで
何度もイってしまいました。

すご~く、すご~く 淫乱に声をあげて
御主人様に 使っていただいて
責めていただいて とても幸せでした。


・・・・・・・電マはというと・・・
         桜がしっかり持ち帰りました・・・

また、責めの愉しみが増えました。


Copyright © 淫乱パイパン奴隷 桜の日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。